愛知県内の出張買取なら今すぐお電話を!

愛知県内の
出張買取
なら
今すぐお電話を!

受付時間 9:58〜22:00

052-363-5023

 080-3687-5331

緊急買取22時(愛知買取センター)のブログ

 

買取商品

愛知で遺品の片付けをしている方へ!ペットの遺品も買取りができる場合があります!

2020.12.31 Thu

ペットの遺品の片付けで困っている方はいらっしゃいませんか。
ペットが亡くなってしまうことは悲しいことですが、気持ちを切り替えた後はペットの遺品を明るい気持ちで送り出したいですよね。
今回は、遺品整理をするときの注意点と、遺品の買取について説明します。

 

□遺品整理の悪徳業者について

ペットの遺品整理を、業者に依頼して行う方もおられるのではないでしょうか。
業者に依頼をすると、すべての作業を代わりに行ってくれるため、とても便利ですね。
ところが、悪徳業者に依頼をしてしまうと、気持ちよく遺品整理をしてもらえず、ペットとの別れがより悲しいものになってしまうでしょう。

悪徳業者に依頼をすると、さまざまな理由をつけて高額な料金を請求されることがあります。
また、法律に反した方法で回収した遺品を処分する業者も存在しています。
このようなトラブルには巻き込まれたくないですよね。
ここでは、悪徳業者によるトラブルに巻き込まれないための注意点について説明します。

悪徳業者を避けるために有効な方法は、実際にペットの遺品整理を行った方に聞くことです。
身の回りの友達で、ペットの遺品整理を業者に依頼した人がいないか確認してみてください。
実際に遺品整理を行った方から話を聞くことで、悪徳業者の件についてだけではなく、他にも有益な情報を得られるでしょう。
また、知人による評価があると、その業者を信頼できますね。

次に有効な手段が、ネットで調べてみることです。
情報が不確かであるホームページには、近づかないほうが良いでしょう。
住所がはっきりしない業者、実績があるのか分からない業者は要注意です。
また、口コミを参考にしてみるのも良いでしょう。

ただし、ネットの情報を信じすぎると危ないのでお気をつけください。
不安であれば、ホームページからその業者に電話をかけてみるのも良いでしょう。
優良な業者であれば丁寧に対応してくれます。
愛知で遺品の処分についてお困りの方は、ぜひ当社にお問い合わせください。

 

□遺品整理の方法について

ペットが亡くなった後の遺品をどうするかは、人それぞれの価値観によります。
ここでは、遺品整理をする際に考えられる方法についてご紹介します。

まず、ペットの遺品を思い出として残しておく方は多いのではないでしょうか。
思い出がつまった遺品を残しておくことで、ペットの存在を身近に感じられますね。
また、新しくペットを飼うときに、遺品を受け継がせることも一つの方法です。
全ての遺品を残しておくことは難しいかもしれませんが、どうしても手放したくないものは何点か残しておいても良いのではないでしょうか。

次に紹介するのは、遺品を自分で処分する方法です。
遺品が残っていると、いつまでも気持ちの整理がつけられない方もおられるのではないでしょうか。
自分で処分する場合は、大きく以下の3つのパターンがあります。

1つ目は、ペットと一緒に火葬をすることです。
ただし、火葬できる遺品の量には限界があるので注意しましょう。

2つ目は、神社やお寺などで供養してもらい、お焚き上げをすることです。
神社やお寺によっては、お焚き上げができないものがあるので、事前に確認をとっておくことが重要です。

3つ目は、一般ごみや粗大ごみとして、そのまま捨ててしまうことです。
気持ちの整理がつけられる方にとっては、これも一つの方法でしょう。

ペットの遺品整理では、人に譲る方法も考えられます。
遺品の中には、処分に困るようなものもありますよね。
ゲージのような、処分に困るものを必要としている方に譲ってはいかがでしょうか。
捨ててしまう場合は感情的にしこりが残ってしまいますが、人に使い続けてもらえると考えると気持ちも楽になるのではないでしょうか。

ここでは、遺品整理の方法を説明しました。
遺品を処分する際は、さまざまな方法があるのですね。
火葬や供養、知人への譲渡などで遺品を処分しきれなかった場合は、基本的にごみとして処分する必要があります。
以下で、より経済的に遺品を処分する方法について説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

□ペットの遺品整理について

遺品整理する際には、サイズが大きくて処分に困るものがありますよね。
例えば、ケージやフェンスなどの遺品は、基本的に粗大ごみとして処分する必要があります。
粗大ごみは一辺の長さが30センチメートル以上のものを指すので、粗大ごみとして出したくない方は、一辺が30センチメートル未満になるように解体すると良いでしょう。

他にも、大きなものに水槽があります。
水槽は、使われている素材によって処分費用が変わってきます。
水槽を粗大ごみとして処分するときは、近くの自治体で事前に処分費用を確認しましょう。

他にも、ベットやキャットタワー、巣箱なども基本的には、粗大ごみ扱いになります。
これらの遺品をごみとして処分すると、どうしても費用がかかってしまいます。
そこで、ペットの遺品を整理する際には、捨てることよりも買い取ってもらうことをオススメします。

もちろん全ての遺品が買取り可能なわけではありません。
未使用もしくは状態が良いものは買取ができる場合が多いですが、品質的に問題がある場合は買取ができないこともあります。
当然ですが、遺品はきれいな状態の方が良い値段で買い取ってもらえるので、査定をする前に汚れを落としておくと良いでしょう。
ブランド品をお持ちの方は、中古でも買い取ってもらえる可能性があります。

 

□まとめ

今回は、悪徳業者の被害に遭わないための注意点と、ペットの遺品整理の方法について説明しました。
愛知にお住まいで、ペットの遺品整理にお困りの方はぜひ買取を検討してみてください。
当社にお問い合わせいただければ、買取可能なものについてご説明させていただきます。